中学校のときの思い出は何ですか?育成や部活、友だちって話したことなどいろいろあると思います。思春期の真っ盛りで、記念に残り易い時節ですね。自身は育成が嫌いで成績はビリから数えてすぐ言えるほどの辺りでした。最初の期末テストで水準要所行かず、悔しい思いをしてテーブルに向かうも飽き性で終わって後もまたおんなじでした。こなせるキッズはいいな~!なんて羨ましがるばかりで僕は何もしなかった思い出があります。一番の思い出は中学校のときの合唱。1年生の最初は、みんなの声を感じながら歌うというより、大きな声で好きなように歌っていました。音程が逸れていたとしても、気晴らしになって楽しかった。つまり、自分のことしか考えていなかったわけです。それがパーツ発展になった際、別の形で表れていました。時間に遅れても謝らないし、音程が飛びていることを指摘されても、僕さえ楽しければいいと思って仲間に謝礼の意気すら欠ける。笑みが溢れていたパーツ発展が次第に照れくさい風情になっていきました。相手方の悪いところを見つけては、つらいメッセージをむける。「〇〇くん、自分のことばかり考えてないでちゃんとやって!」とか、「歌詞間違えてるの〇〇くんだけだからね」とか、「ぐっすり終わる顧客がいるせいで腹立たしいんですけど」なんていつのまにか思いやりのないメッセージが溢れていました。自身は明るい合唱が嫌いになりみたいになりました。そんな想定はイヤ。フィーリングを変えようという、自分のことしか考えていなかったことをまるで謝り、注意してくれたキッズに有難う!頑張って治すよ!という伝えました。すると、そのキッズも謝ってきて、アッという間に仲直り。その日からは、互いを思って手厚い声かけができるパーツ発展になりました。そうして、数か月後にバリエーションの合唱を全校の事前で発表したときは、仲間の声を聞いて歌える自分になっています。前よりも面持がはつらつやるし、バリエーションで作り上げた合唱自体に自信を以ています。歌っていてとっても楽しかったし、合唱っていいなといった思えました。

シースリ― 口コミ 高円寺